カテゴリ:ノリ仕事( 4 )

「驚愕!CPUを水洗い!こ・これが、プレステに入るんですよね・・・!」


ノリ仕事 第4話

驚愕!CPUを水洗い!こ・これが、プレステに入るんですよね・・!


工場長が、寝てから3時間たった・・・・もぉー起こす時間だ
しかし、工場長は嫌な夢を見てるらしく怖い顔をしながら寝ています・・
う”~・・もぉーちょっと、起こす側に配慮した寝顔にしてほしいものだ

あ・・あのぉ~もぉー3時間経ちましたけど・・と声をかける

すると以外にもあっさり起きる「おーよく寝た!ノリー君!飯にしようか!」
・・・・・爽やかなのはいいのだけれど・・・・何もしてないのにご飯食べるのぉ~
そして、2時間ほど掛けてお食事をする・・・皆さん

おいおい・・・終わっちゃう!もーすぐ終わっちゃうよぉー勤務時間!
と、突然工場長が「ノリー君!じゃー何もやる事ないけど中に入ろうか?」と言いました

やる事がない?・・・・しかし、やっとクリーンルーム内に入れるので、少しワクワク!
まずは、髪の毛が落ちないようにネットを被って、マスク装着!さらにキャップを被る!
次に、クリーンスーツを着てブーツ履き、ゴムの手袋をする・・・

すげぇーなんか、ゴレンジャーになったみたい!
a0022573_1853311.jpg

けどぉ・・・グリーンなので、ミドレンジャーかぁー・・なんか微妙~
中に入るとそこは、まさにSF状態!なんかねぁーターミネーター2って感じ!
蛍光灯が青いので、中は全体に青っぽい!フフフ・・・まさにぃ!サイバーちっく!

しきりに感心するオイラ・・と、そこへロボットがウェハーをもって歩いてくる!
・・・・・・開いた口が塞がらないとはこの事・・・・
そのロボットは、人にぶつからない様に音を出しながら歩いてる・・・・すんげー

なんでも、ほとんど自動なのそーだ!
つまり、人間のやる事はその機械たちが止まってしまった時に対処する・・・
そんでもって、できあがったウェハーをロットに入れて出荷する・・・ただ、それだけ・・・
でも、工場長曰く!性能がいいから止まらないそぉーだ・・・・へぇ~

そこで一句!「バイトより、楽な仕事だ!タンジェント」


突然足を止める工場長!
なぁーノリー君この中は、エベレストの天辺の空気より何百倍も綺麗なんだぞぉー!
と、あほ面して言っている・・・それもとっても自慢げに・・・
チリ一つ許されない環境での作業を強いられているそうだ!!
すぐ人に感化されやすいオイラは、いざ!と言う時はやる人達なんだ!と、感動する

そんな話を聞きながら歩いていると・・・・目も前に人が倒れているではありませんか!
焦るオイラ!しかし、工場長は笑いながらこーいいました

ったくぅ~ジャンプは外で読めぇ~
a0022573_18113449.jpg

・・・・・・・・どうやら、さっきの「チリ一つ」は、おとぎ話だったよぉーだ・・・・
恐るべしぃ!最先端!うむ~そーいや、最近、ファジィーって言う言葉が流行っている・・・
そぉーか!最先端=ふぁじぃ~なのね

そうこうしていると、最後のエリアに到着!
ここは、出来上がったウェハーに異常がないか、電気テストする所らしい・・・
そして、不良品チップを見つけるとインクを落とすのだ(現在はやってないみたい)
インクをつけるんだぁー・・・なんか、原始的だなぁ~

すると、工場長!
あ!また間違ってインク打ってるよぉーと叫んでいる・・・
どうやら、たまにインクを付ける機械が、出っ放しになって正常なチップにまで
インクを付けてしまうそうだ!
よく分からないオイラにも、大変な事ぐらい分かる・・・・
1ウェハー30万円!それが48枚!・・・えらい損害である
なんか・・・工場長に掛ける言葉もない・・・・
すると工場長はあっさり!こぉー言いました

しゃーねーなぁ~洗うかー・・と・・

・・・こ・この人言ってる事が理解できないオイラ・・・
今、オイラの目の前に立っているこのおっちゃんは、CPUを洗うと言っている・・・
プレステーションの脳みそをザブザブ洗うと言っている・・・

そこで!オイラ・・恐る恐る聞いてみる
ノリ「あのぉ~・・・何で洗うのですか・・・」
工場長「うん!あー、アセトンだよ」

・・・アセトン?て・・なんだろう・・・・

枚数が多いこともあって、オイラも手伝う事に・・・
まずは、下にスポンジを置きその上にウェハーを置いて、上からアセトンをかける・・
すると見る見るうちにインクが落ちる!その威力に、思わず驚嘆してしまう!

あとは、軽くシリコンシートでゴシゴシ・・・・そして、不純物が一切入ってない
純水でザブザブと洗う・・・・ザブザブと・・・・・・
a0022573_18181827.jpg

これって、プレステに入るんですよね・・・とたまらす聞くオイラ
そーだよ!

・・・そーだよって・・・か・・簡単に言うなよなぁーと!工場長をみると恍惚とした表情をしている
「どーしたんですか!」と尋ねると、ニコニコしながら恐ろしい事を語りだす!

まー簡単に言えば、洗浄液なのだ!しかし、シンナーなんてメじゃありません
純度は99・999%つまり、コイツが手につくでしょぉーすると、骨にまで浸透します!こわっ!
ニオイを嗅げば、瞬くうちに昇天!しかし、気体かしたアセトンは鼻の中に入りそのまま
頭蓋骨に浸透して、脳の内側に浸潤していくそうです・・・・・

じょ・・じょーだんじゃーない!こんなに、危険なのに防護メガネも防護マスクもなしで!
なにかあったらどぉーすんだ!!とブチ切れるオイラに対し工場長は笑いながら言いました

ははは!ノリー君、てぶくろが溶けとるぞぉ~・・と

えっ!・・・のぉぉーー


次回 ノリ仕事

第5話「スーパーコンピューターの電源を2度落とす男

[PR]
by noriwave | 2004-11-09 14:53 | ノリ仕事

これが最先端なのぉー


ノリ仕事

第3話 「奇跡の合格!・・・し・・・仕事をさせて下さい!!



面接から一週間・・廃人状態のオイラの所に、一通のぶ厚い封書が・・・
・・・・・・合格ってかいてあるねぇー・・しばし呆然・・・・なんで、受かるんだ?
2次試験とかゆうのもないんだねぇ~いきなりバッキ!と合格なのぉ

面接官の6人全員、筑波大の先輩だったところが怪しいが、まぁー受かったから良しとするか
オイラは、受かると思っていなかったので、この会社の事を全く把握してません

早速!封書の中に入っていた書類を読みあさる・・・・・
どぉーやら、半導体の研究らしい・・・(とくにLSIの層の研究)
は・半導体かぁ~・いやーその昔「オイラのチンコは半導体!」なーんて言ってたっけ・・
(半導体とは、電気を通したり通さなかったりする物・・・・
つまり、通常時は導体!エッチをする時は、ゴムをはめるので不導体!
両方の特性を持っているので半導体!・・・と言う下ネタなわけ・・・)

そこで、ビタァー!と、オイラの知識は止まっている・・・ま・まぁーなんとかなるでしょう
そりあえず、必要な書類には記入にて郵送!オイラは討ち入りに備えます

討ち入り当日

・・・・あ”~・・・頭がイタイ・・・久々勉強をしたら・・・頭がぁ・・・・ズキズキ!
でもぉ!今日からオイラも社会人!
フフフフ・・もやしっ子達にぃ!佐川魂を!見せ付けてやりますよぉーウッシ!

午前中は会社案内と必要書類の書き込み・・・・すでに・・眠くなる・・・・うつら・・うつら
そして、待ちに待った給料と年収の提示!・・・・・見たことも無い額を提示される!
直ぐにサインしたいところだが、「・・・そーですか・」とか言って考えたフリをする
しばらくしてから、震える手でサイン!ジャーン!これで、オイラも社会人になったのだぁー

さぁーて、ついにオイラが働く部署へ挨拶しにいきます・・・ブルブル
きっと、みんなガリ勉タイプで冷たいんだろぉーなぁー・・ブルブル
なぁーって思っていると、部屋に入るなりパーン!パン!とクラッカーでお出迎え
面を食らうオイラ、まるっきりパーティー状態・・・な・なんて温かいんだぁ~

う”!・・・・不覚にも泣いてしまうオイラ・・感動の極みで御座います!

と、突然部長が来てこぉー言いました
「とりあえす、明日から3日間現場を経験してきてくれ」

・・・現場?・・・・なにも分からないままある取引先の会社のLSI製造工場に行く事になる

この会社はLSI製造工場でプレステーションのCPUを作っていた
社員が1500人近く居る大きな会社なのです
そして、なんと!3勤交代制・・・・・オイラは思いっきり夜勤にあたるのでした・・・

1日目 PM23:30

いきなり150人の前で自己紹介・・・これぞ!佐川魂の見せ所
え~、今日から3日間お世話になるノリーです!よろしくお願いしまーす!
・・・・・・・・・・っち!またかよぉ~・・・!!たくよぉ~・・・・おやおや・・なんか風向きがおかしいよぉ

すると、工場長が一言「・・・まぁーいつも通りに、よろしく」
そー言うと皆さん仕事場のクリンルームに入らず事務所で、漫画を読み出す者・・・
ネットをやる者花札をやる者・・・そして、寝る人・・・・・・誰も仕事をしません

この状況がまったく理解できないオイラ・・・・・近くに居た工場長に「あのぉ~」と言うと
工場長が言いました「ノリー君!3時間たったら起してね」と・・・

・・・・・あれから2時間・・・佐川の時は、5分でいいから休ませてと思ったものだが
なにもしない事が・・・こんなに辛いとは・・・・

・・最先端企業!・・の実態・・・・・皆なんで仕事しないのだろう?・・・
工場長を起すまで後1時間・・・・お願いです!誰か仕事を・・仕事をさせてくださいぃ!!



次回 ノリ仕事

第4話「驚愕!CPUを水洗い!こ・これが、プレステに入るんですよね・・・!


a0022573_15524189.jpg

[PR]
by noriwave | 2004-10-17 13:19 | ノリ仕事

洗脳完了!最高ですかぁー!最高でぇーすぅ!


第2話 「戦慄の試験!


なんとか会社に到着したオイラ・・・それにしても広いなぁ~
とりあえず入り口の警備員に話をすると、早速カートに乗せられ牛の様に運ばれる
3つのゲートを通りようやく到着!うむ~デカイ

中に入ると、受付の人に案内され面接会場へ
するといきなり6人の面接官が待ち構えていた
思わず、えぇ~・・えーーーと言いそうになるが、そこはグッと我慢の子
真ん中に置かれた椅子に座るオイラ・・・お・落ちかないねぇ~

え~ただ今、ワタクシ「インパラ」の心で御座います

色々質問されるオイラ
しかし、どーにも風向きが悪い・・・
そりゃそーだよぉ!なーんの準備もしてないんだからねぇ~

だから「我社を受けた理由は?」なーんて聞かれても
「理由は無いけどぉ!頑張ります!」なぁーんて、言っちゃうわけ
人間が本気で「はぁ?」てゆう顔を見たのは、後にも先にもあの時だけだった

その後も、ほとんど一休さんのとんち対決・・・・・
ここまで、噛み合わない会話もそぉーはないよぉ~本当
そして・・・面接終了~!

あ“-・・・・ なんか犯された感じ・・・それも大勢にぃ
そんなボロボロなオイラが、休憩所で呆然としていると女性が近づいてきた

話を聞くと彼女も面接に来たらしい
彼女の意気込みは、それはそれは物凄くやる気満々!!
「あーこうゆう人が受かるんだねぇ~」と思うオイラ
なぁーんて事を思っていると、係りの人が来て今から試験をやるとのこと・・・
よぉーしぃ!気を取り直してぇーやってやりますよぉー!

早速、席に着くオイラ
おーしぃ!何が来るんだぁー数学か!こーみえても得意なのぉ
それとも国語か!・・・・・・あんまし・・・得意じゃぁー・・ま・まぁーなんとかなるだろう・・
英語は・・・・ふぅー・・・ウォーイエ~!うしっ!完璧

試験開始!シャーこの野郎!

・・・化学だねぇ・・・・・ホッホォ~・・・これはこれは・・
物質工学系だね・・・・しかも、電子物性もの・・・・
た・確かに大学時代こんなことを誤ってやってたよぉーな・・・・
しかーしぃ!ほとんど覚えてない・・・オイラの知識は、プレパラートで止まってます(w
ま・・・マズイ・・・・思いだせ!思いだせぇー

うーん・・・あ”-お父さんお母さん御免なさい・・オイラは何も覚えてません

とりあえず適当に・・いや!てきとうに埋めてゆく・・・・・
しゅ・・・終了~・・・・・・・し・仕方ない・・次だ!次ぃーーーーー!
・・・えっ!次はないの・・・・へ~・・・・・・・お・・オッケぇー・・・

その後、抜け殻になったオイラは3種類の性格判断

2時間後~

あ”-目がチカチカするぅーもぉーすこしで、分裂症になるところだった・・・フー
そして、精神カウンセラーの診察を受けることになる

先生「どうですか、疲れましたか?」
ノリ「はぁー慣れてないので」
先生「・・・疲れやすい・・と!」
ノリ「!は・はいぃ!いや、違います!」
先生「ハハハハハ!冗談です」
こ・・このやろぉ~!!フ~落ち着け落ち着けー二ガスマイル!ニガスマイル

こんな調子で、さらに1時間・・・・・オイラ・・・悟りの境地でございます
い・今ならheadgearを付けてあぐらでジャンプできそうだ・・・
どぉーやら、これで開放されるらしい・・・酒だぁー酒だせぇー

そんな荒れてるオイラに、係りの人が言いました
「ご苦労様です!これは交通費です」と・・

一気にテンションが上がるオイラ!
まぁーね、イヤラシい話だけどさぁーこれを待ってたのぉ~うっしっし
でも取り合えず「いいのぉーいいのぉ~」てな対応をする!お年玉を貰う子供の様に・・

急いで会社の外へ・・・

さぁーて、幾ら入ってるのぉ~・・・・1000円・・・・ま・またぁー袋を確かめる・・・1000円
ふざけんなぁー!!ココまで来るのに8900円掛かってんだよぉー・・・泣
・・・・・袋の裏に一律1000円って書いてある・・・・フフフフフ
やってくれるなぁー・・・お金が無いからバスで帰るしかないねぇ・・・

え~・・・と!次のバスは・・・おっと!時刻表の部分がヘシ折れてますなぁ~
フフフフ・・・これは・・最後の試験じゃーないんだよねぇ・・
ころせぇーころせぇー!と泣きながら、何時来るともわからないバスを待つのでありました




次回 ノリ仕事

第3話 「奇跡の合格!・・・し・・・仕事をさせて下さい!


a0022573_1144753.jpg

[PR]
by noriwave | 2004-10-10 11:13 | ノリ仕事

仕事選びは慎重に・・・

佐川急便を勤め上げたオイラ!まだ次なにをやるか決まってなかった・・・・
そんなある日、大学院に行っている友達からある仕事を進められることになる


第一話 「NASDA?

友達から話を聞いていると、半導体の研究をしている外資系の研究所らしい
半導体・・・・・・?オイラが知っているのは、貞操帯ぐらいなもんだ
よく分からないので、断ろうと思ったが!かなーり給料が良いとのこと・・
甘ーい誘惑に勝てず、即効でOK!受ける事にする

家に帰り会社のパンフレットを熟読・・・・・
なんかさっぱり!意味が分からない?
よく分からないがとにかく!うちは凄いんだ!と、言いたいらしい・・・やらしぃーねぇ~
場所は、オイラが行っていた大学に近いみたいだが、イマイチはっきりしないので
当日はタクシーで行くことにした。

面接当日~

普段背広なんて着てないので、ネクタイが締められないオイラ・・・・
急遽!友達を呼んで締めてもらいました。オイラは一人では生きていけないのです!

タクシーに乗り込みおっちゃんに行き先を告げると、なんか自信なさげ・・
しかしながら!強行出発!・・・・・あれから30分まだ着きません・・・
このおっちやん完全に迷ってるねぇ~
しかもオイラを不安にさせまいと、頭を動かさず目だけでキョロキョロしている・・・気味悪るっ!
でも、ルームミラーに写っちゃってるよぉーかわいそぉーにぃ!

そうこうしていると、突然「着きました!」とおっちゃん

・・・・・唖然とするオイラ・・・で・でけぇ~!なんだこりゃ!
こんな所!絶対受かんねぇーよ!と思っていると建物にでかでかと「NASDA」と書いてある
・・・?・・・NASDA?そして、入り口に筑波宇宙センターと出ている・・・・
なにぃー!宇宙センターだとぉー・・・確かにうちの大学の近くだし、何回か来た事もある・・・
え”---オイラがロケットを作るのかい?この無類の不器用男が・・・

!うん!あまりの衝撃に面食らったけど、そー言えば社名が違うなー
・・・しかし、おっちゃんはここだと言っている!うむ~ーー
仕方がないので、入り口に居る警備員に聞いてみると

「あーここじゃないですよ!この会社はこの先ですよ!」と場所を教えてくれた

フフフ・・・タクシーのおやじぃーやってくれるじゃ~ないかぁ~
大体ねぇーオイラがロケットなんて作ったら、間違いなく他国に落ちて戦争が始まるぞぉー
たっく~気が抜けないなぁー本当!
おやじにはキツ~ク言い聞かせ!取り合えず出発進行!

5分後会社に到着・・・・
で・でけぇーーーさっきと変わんねぇーぞ!
するとおやじが「今度は、間違ってないですよね!」と自慢げに言っている・・・・
うむ~・・・・社名は同じだ・・・・ここ研究機関なんだねぇ・・・
呆然とするオイラに向かって満面の笑みでタクシーのおやじが

「8900円になります!」と、とんでもない事を言っている!!

このやろ~金貰う時だけ生き生きしてんなぁー
渋々払うオイラ・・・・今日は1万円しか持ってきてないので、後1100円しかありません・・・
帰りどーすんだ・・・・しかーし、心配はないのだぁ!!交通費は帰りに支給されるのです!
のちにこの甘ーい考えで!地獄を見ることになるなどオイラは露程も知らない・・

それにしても・・・・こんな所絶対!受かんないよぉ~なぁ~・・・・



次回 ノリ仕事

第2話 「戦慄の試験!

a0022573_13525632.jpg

[PR]
by noriwave | 2004-08-19 13:14 | ノリ仕事