カテゴリ:事件ファイルな日々( 3 )

告白された相手は妖怪だった・・・


事件ファイル2

第1話 「慎重なオイラ


男に告白される事3回!流石のオイラもダメージが大きいわけで・・・
いいかげん!仏の道に入ろうか・・・と思っていたある日の事である

妖怪鼻くそボーンが話があるという

ここで!オイラの日記を、初めから読んでない人に説明しよう!
妖怪鼻くそボーンとは、オイラの助手である
見た目・・・・癒し系の美人・背が高くスリムでおっぱいでかい・いい匂いがする
がぁ!その正体は、自分の車内に鼻くそをボンボン飛ばす恐ろしい妖怪なのである
(9月6日と9月21日の日記を参照)

仕事の手を休め話を聞くオイラ
・・・・・・なんかモジモジしている・・・なにやら言いにくそうだ
そんな様子を見ていてある事に気づく!

おっぱいがデカイ子が、モジモジするとおっぱいまでモジモジするんだねぇ~

なぁーんてな事を思っていると
「私、付き合っている人いないんです!」と、きりだされる・・・
・・・・・・?・・・・・だから、なんなのでしょう・・・・・

妖怪ぬらりひょんとでも別れたのかい?

と、言いたいのをグッ!っと我慢し「へ~そーなんだ・・」と言う
すると続けざまに言うボン子!「ノリさんも付き合っている人いないんですよね」
・・・・・・・!!!!!こ・・・こりゃ~・・・いくら鈍感なオイラでも流石に気がつく!
このおなごぉ!いっひっひ・・・オイラに荒々しさにぃだ!やられたんだねと・・・・

あの・・・付き合ってください
a0022573_1314530.jpg

き・・・・キタぁー!この言葉に一瞬にして昇天!そのまま妄想の世界へ
おばーさん!おばーさん!どぉーして、おばーさんの目はそんなに大きいのぉ~
それはね、お前をよく見るためだよぉ
おばーさん!おばーさん!どぉーして、おばーさんの頭はとんがっているのぉ~
それはね、おめぇーに言われる筋合いじゃーないんだそぉー
おばーさん!おばーさん!どぉーして、そんなにダンディーなのぉ~

それはね・・・・お前を騙してぇ!おっぱいを鷲掴みにするためだよぉー!

うーっしっしっしぃー!!ついに・・・遂にぃ!手に入れたぁ・・・・永かった・・・
手に入れたぞぉーフリーパスをー!
もぉー!なにをしようがタダなのだぁー!Hをしようが!おっぱいをどれだけ揉もうが!
ばっかみたいにぃ、イチャイチャしょうが!タダなのらぁーふぅ~・・・

オイラ!感無量!

はぁっ!完全に別の世界に逝ってしまった・・・危ない危ない!
ボン子に目をやると、顔を赤くしてオイラの答えを待っているご様子
バッリ!っとスーツを着た女性が目の前でモジモジしている・・・・・・

エッ・・・・エロビデオみてぇーだ!

・・・・・・・・・・つぅーか!今なら揉めるぅ!あの大きなおっぱいをギュッと揉める!
それに、相手も拒まないしセクハラにもならないだろう!
「セク・ハーラ」・・・・今となっては、なんだかアラブの石油王の名前にさえ聞こえる・・ブヒ!
・・・・し・・しまった!・・・あまりに嬉しくて有頂天にっていたが、こいつは・・ボン子なんだっけ!

うむ~・・・・う”・・・・ま・・迷う・・・・じ・・時間がない・・・早く答えねば・・・
・・・答える?答えるって!いったい何を?・・・オイラは何を迷っているんだ!
迷う必要などない!なんつったって、奴は妖怪鼻くそボーンなのだ!
・・・けど、それさえ我慢すれば極楽が待っている・・・・
ハッピーハッピー!クリスマース!になるのだ!おいしぃーケーキを2人で・・・ムヒッ!
じ・・・時間が欲しいぃー!考える時間がぁ!

神よぉーあんたはなんてぇ!どSなのぉ!

こ・・答えがでない・・・・そこで「急に言われたから、少し考えさせてくれないか?」と、ニヒル言う
あっ!は・はい、わかりました」と、ボン子
ふぅー!あーこれで、少し落ち着ける・・・と、思ったが!
オイラの個室で2人きりで仕事をしているので、ボン子はまだそこに居る・・・・・

な・・なんだこの居ずらい空間は!

・・・・・・身動きがとれない・・・・なんかつばを飲み込む音が相手に聞こえそうだ・・・・
どうする!どぉーする!!どーぉーすんたぁーー!!
その時!オイラの守護神仮面ライダーが降臨する!
このライダーは、オイラが小さい頃から困った時に現れては、為になる助言をしてくれるのだ!
ライダー!ライダー!オイラ・・・オイラ!どーすりゃいいのぉー!
すると!ライダーは、お茶をすすりながらこーぉ言いました

やっちぇーば、いいじゃん!やっちぇーば!

・・・・・・・・・・・・・わ・・・わかりやすぅー・・・・やはり頼れるのは自分だけか・・・
どっかに行くか・・・それ!いいねぇ~!何も知らないより、どかに出掛けてみて
様子をみて返事をしたほうが、良いかもしれない
・・・・しかし、どこに行く・・・・まだ、ボードの季節でもないし・・・・

・・・・アソビニオイデヨ!・・うん?・・・アソビニオイデヨ!・・・この声は!

でも、いきなりココに誘うのはどーだろう?・・・・しかし、行きたかったのも事実・・・
1人では絶対に行けないし、野郎同士でも絶対行けない・・・・聖地!
「あ・・・あのさぁー・・・・」ボン子を誘うオイラ!
すると!あっさりOK!・・・・・・・
オ・・オイラ!行っていいのぉー行っていいのぉ~
行っていいよぉー行っていいよぉ~


オイラ、逝って来ます!東京ディズニーランドへ!
a0022573_13214414.jpg


事件ファイル2

第2話 「来たぞぉ!夢の国・・・って言うじゃな~い

[PR]
by noriwave | 2004-11-23 12:59 | 事件ファイルな日々

男に好かれるのも程々にぃ!


事件ファイル1

「仏の顔も3度まで」


オイラは、男友達が以上に多い
昔からそーなのだが、一人で本を読んでいても気がつくと、周りには野郎が沢山いる
どこに行っても野郎がズラズラ・・・・・
だからオイラは、普段あまり携帯を持ち歩かないのです・・・・

しかーし!奴らは的確にオイラの居場所を探し当ててしまう・・・
この話をすると、よく「いいじゃん!友達が多くて!」とか言われるがぁ!
前にも言ったけどねぇーオイラは、女性にぃ!囲まれたいわけ!

あんなねぇー暑苦しい連中といたくないのぉ~

こんな状況のせいか、オイラは男から今まで2回告白されたことがある・・・・はぁ~
最初は、高校の1年の時だったか・・・
当時オイラは、剣道命の熱血少年!2つ年上の彼女も出来て順風満帆!
のはずだったが・・・初エッチの時、彼女が四つん這いになりケツを向けて

「早く~う、舐めてぇー」と、なれた口調で言われた

純朴なオイラは、そのなれた口調がなぜか許せなかった!ムッキー!
そのまま彼女のケツを蹴り上げ「なめんなぁー!」と言って逃げ出してしまうのでありました
あれから、彼女からの連絡は一切なくなり、ただ荒くれて剣道に打ち込む日々・・・

そんなある日、部活が終わり帰ろうとした時、突然声を掛けられる
隣のクラスの奴だった・・・
陸上の選手で結構足も速く女の子に人気がある奴でした
どうやら一緒に帰りたいそうだ・・
家は、オイラの帰り道沿いにあるらしい

オイラはチャリンコ、奴は歩きなので手押しで行くことに・・・・・
歩くこと数分・・・・奴は一言も喋らない・・・・オイラばっかり話している・・・・
「気まずいなぁー」と、思っていると急に

「俺・・・ノリー君の事が好き!なんだ」と告白される・・・・・

・・・・・?・・・・・・・・?・・・・・・・・はぁい?
まったく理解できないオイラ!若干16歳!
彼曰く!高校入学式の時、オイラが優しく話しかけたそうだ・・・・まったく覚えてないけど・・・
それいらい、毎日オイラの事を考えているそぉーだぁ!

・・・・入学式が4月・・・・今が10月・・・・は・・半年間!悶々としてたのね・・・こわっ!
言われたオイラの汗が止まらない・・・・ブルブル
とっさに誤魔化そうと、チャリンコに積んでいた竹刀で軽く奴の尻を叩き
「なぁーに、冗談言ってんだよぉー」と言うと
はぁう!と変な声を出してなんか・・・・嬉しそう・・・
この時、戦慄がはしる!!

オイラ、やられるぅ!と・・・・・

まだ、大人な対処が出来ないオイラは、竹刀でボコボコにしてしまうのでありました
奴は、虫の息である・・・ちっと、やりすぎたか・・・
「じゃ・・・じゃぁーな、あでぃおす・あみーご!」その場から緊急離脱!
息を切らせながら、暗い道チャリンコをこぐ・・・・・ハァーハァ・・・

じょ・・・冗談じゃない!や・・やられてたまるかぁー

と!後ろの暗闇から走る音がぁ!・・・・タッタッタッタ・・・!!
や・・奴である!鼻血を出しながら追いかけてくるぅ!

その形相たるや、阿修羅の如く!
a0022573_5182177.jpg

半端なく足が速い!!!
お・・・おぉー!オイラ!立ちこぎぃ!こっ・・・・こえぇー!
何とか逃げ切る!そこで奴に、尽かさず捨て台詞

「しねぇーお前はしねぇー」名言である・・・

それ以降奴は、しばらく学校に来なかった
もっと、言いようがあったな~と反省したのを覚えている

2人目は、大学3年の時だった・・・

バイト先の高校3年生の子に告白される
この時は、年下だったので冷静に対処出来た
とれあえず「オイラの何処がいいんだい?」と聞いたところ、間髪入れず

「全部です!」と即答!・・・是非とも女性から言われたい言葉である・・・・

そして忘れかけていたこないだ、3人目に告白される

4月には入ってきた新人君である・・・・・
初めに「今年のクリスマス一緒に過ごしませんか」といきなり言われる・・・
「なんか寂しいなぁー彼女いないと」なぁーんて冗談交じりでいっていたが
話が、なんかやばい方向へ・・・・・

いやな予感がする・・・・まずいなぁーと思っていると
チケット1枚をオイラに差し出す・・・・?
それは、ディズニーアンバサダーホテル のイブ限定のスイート宿泊チケットであった
う・・・うむ~・・・・これはこれは、お高いお買い物で・・・・
カップルが、喉から手が出るほど欲しがるプレミアムチケットである・・・・

はからずとも聞きました・・・これはなんですかぁ・・・って

彼は言いました「オイラと2人で、イブに過ごしたい」と・・・
「クリスマスファンタジーを見たい」のだと・・・・・
オイラは、彼の上司である・・・
きっと、捨て身に違いない!それに、この事を言いふらしたらまず、会社ではやっていけないだろう
そこで、オイラの想像力を最大限に使って、妄想してみる・・・

クリスマス、挿しつ挿されつタンジェント!
a0022573_5324523.jpg

い・・・いやぁーーー!!お尻の純潔は守らなくては!
そこで、凹まない程度に言い聞かせる「オイラは、ガールが好きなんだぜぇー」って・・
・・・激しく凹みながら「冗談ですよぉ~」と、言ってます・・・
とりあえずオイラも「なんだぁー冗談かぁー」と、言ってみる・・・・
つ・・辛すぎる会話だぁ・・・なんで、こんな目に遭うのだろーなぁ~
そして、彼は散っていきました・・・かわいそぉーにぃ

はぁ~・・・なんだかなぁー・・・・・
オイラは、こんなにぃ、荒々しいのにぃ!なんで、男に好かれるのだろう?
あ“・・・凹むなぁ~
あまりのダメージに、なかなか回復できないオイラ・・・

しかーしぃ!この1週間後、思いもよらない女性から告白をされる事になる


次回 事件ファイル2

「慎重なオイラ」

[PR]
by noriwave | 2004-11-21 05:00 | 事件ファイルな日々

皆さん事件です!


はいぃ~、どぉーもですよぉー
ここ、1~2週間まともに書いてないオイラ・・・・
それは、とんでもない事が2つ起こったからである
うむ~・・・激動の日々だった・・・
やっと、落ち着いたのでその2つの事件を皆様にぃー・・ご報告したいと思います

ちなみにただ今オイラ、ネットカフェで待機中
今日は待望の「ハウルの動く城」公開日!
朝8:00のかいを観ようと、勢いよく家を飛び出たオイラ!まだまだぁ!ヤング
がぁ!受付のおねーさんに「12:10のかいまでハイオク満タンでしぃ!」と軽くあしらわれる

土曜の朝8時!オイラ馬鹿1代途方に暮れる・・・

そいで!そいでぇー!13:50のチケットを泣きながら買い!今に至る・・・

・・・・・・・ま・・まぁーとりあえず、始まり始まりぃー

a0022573_13301495.jpg

[PR]
by noriwave | 2004-11-20 11:21 | 事件ファイルな日々